中山獣医科病院
HOMELINKsitemap
当院の紹介診療案内院内紹介Q&A高度医療と診療内容例病気について二次診療リハビリ・ジェットバス
私は1974年に開業して以来、42年間ペット動物の診療に携わってまいりました。社会の変遷とともに、ペットも伴侶動物と呼ばれるようになり、より高度な医療が求められ続けております。
獣医療も新薬の開発、医療機器の進歩などと共に日々進歩、発展、高度化しています。おかげで、ペットの寿命は10年伸びて日本人と同様に高齢化しています。
このような日々進展していく医療状況は、私共獣医師にとってもすばらしいことでありますが、さらに切磋琢磨して勉強、精進することを怠ることはできません。
しかし、それは一方で医療の基本、原点を見失っていく傾向もあります。
私の元で研修を修めた獣医師はすでに75人を超えていますが、彼らと共に、常に最新医学に取り組みながら、私は基本を徹底的に叩き込んでいます。

外科手術は職人技と言いますが、医学を熟知しながら的確な技とすばやい対応などは、基本を押さえた上で熟練とさらに日々勉強して習って高めることが必要であると思っています。
私は、研修医時代、恩師の非常に高い技術に大きな影響を受けることができました。その後も、海外のすばらしい先生方との出会いによって技術を磨き、難易度の高い手術も数多く征服できてきたことは、その成果だと思っております。
中山獣医科病院は、私会長以下33年勤務の主任:大槻賢二、28年勤務の院長:田中宏、19年勤務の副院長:北村雅彦を中心に経験豊富な10名の獣医師と6名の動物看護士、1名の臨床検査技師、そして事務員が常に連携を取り、チームワークの優れた病院だと自負しております。獣医療は医学だけでは治療できない面が多々あります。動物自身の頑張り、飼い主の支えが重要であり、そのためには飼い主さんとのコミュニケーションを十分に図るように心がける努力をしています。
当病院は、永年数々の研究発表、症例発表を学会に発信し獣医学の向上に努めています。すなわち、珍しい症例、難解な症例、新しい診断法、新しい治療法、新しい発見、獣医医療の発明などを毎年学会発表して高い評価を得て、病院スタッフの励みになっています。私ども日々研鑽を積んでいますが、スタッフの健康管理のために休診日を設けて、また診療時間を守ることを了承いただきたいと思います。
最後に、飼い主さんからの御要望、御不満などございましたら遠慮なく言っていただければ、なお我々の向上につながるものと思います。これからも動物とともに、幸せで豊かな社会を目指していきたいと思います。
平成28年4月

Greeting from Hospital President

I have been providing animal healthcare since I founded Nakayama Veterinary Hospital in 1974. Society’s perception of animals, such as cats and dogs, has changed over the years. Today, pets are widely viewed as “companion animals,” and pet owners expect more advanced medical care than ever before. As pet owners’ expectations increase, so have advancements in veterinary medicine and equipment. As a result, the lifespan of cats and dogs in Japan has steadily increased over the past 10 years. It is great for us to be able to provide advanced medicine to pets, and it is our task to be at the forefront of veterinary medicine. However, the advancement of veterinary medicine does not replace veterinary skill and knowledge. Improving my surgical skills is a good example. On top of solid skills and knowledge, daily practice is required for attaining quick, yet precise, surgical skills. I have trained more than 75 interns and young veterinarians, teaching them basic skills and knowledge while, as a group, practicing the most advanced veterinary medicine.
When I was an intern, I was fortunate to be trained by my mentor—a highly talented and skilled surgeon. Even after founding my own hospital, I never stopped learning new skills and improving my knowledge through interaction with various influential veterinarians from many countries. Without their input, it would not have been possible for me to master many advanced medical and surgical skills, and successfully manage various challenging cases.
Nakayama Veterinary Hospital is run by myself, as a president, hospital manager, Dr. Hiroshi Tanaka (26-year continued service), chief staff, Mr. Kenji Otsuki (33-year continued service), assistant director, Dr. Masahiko Kitamura (19-year continued service), ten other highly-experienced veterinarians, six veterinary licensed technicians, one laboratory technician, and office staff. I am very proud of my successful team, as we work great together. We also share the same priority, which is to maintain good relationships with clients. We all believe communication is vital to provide the best care for our patients and clients.
We also contribute to the advancement of veterinary medicine by conducting a variety of clinical and benchtop research and publishing our results to a range of internationally recognized journals. We also present our unique clinical experiences and findings, as well as introduce our newly-developed diagnostic and treatment procedures and patented equipment at a number of national and international conferences. These contributions have been highly acclaimed by veterinary associations, and the appreciation we have received from many veterinarians has inspired us to contribute to and advance our veterinary society.
Although we would like to provide care for pets and their owners at all times, we appreciate your understanding of hospital hours as staff health and life balance is also of great importance to us. Lastly, we always appreciate your comments and requests to improve our hospital and services. We faithfully promise that we will keep working for our patients and clients to provide the best care and supply happiness and enrichment to our society.

Masanari Nakayama, DVM, PhD,Dipl.JCVS
Hospital President
April, 2016
Nontransformed androgen reseptor の核内受容体に関する研究(ホルモンの核内受容体に関する
研究) により奈良県立医科大学から医学博士号取得
(財)国際高等研究所「人類の自己家畜化現象と現代文明」研究班研究スタッフ
犬の脊髄疾患に関す る研究により北里大学から獣医学博士号取得
大阪府立大学臨床指導教授
帯広畜産大学臨床指導教授
日本小動物外科専門医認定
大阪府立大学客員教授
日本獣医学会 評議員(~2008年3月)
日本獣医師会 学術奨励賞選考委員(2001年~2005年6月)
獣医師生涯研修事業運営委員会委員
(2003年8月~2009年6月)
小動物委員会委員(2003年8月2005年6月)
日本小動物獣医学会 副学会長(2002年4月~2006年3月)
監事(2006年4月~2010年3月)
近畿地区代表理事(2002年4月~)
奈良県獣医師会 理事 副会長(~2009年6月)
獣医神経病学会
幹事
獣医神経病学会2016(第42回)大会長2016年7月16-17日(奈良)
北里獣医畜産学会 副会長
動物医療発明研究会 副会長
日本獣医麻酔外科学会 理事
雑誌編集委員
(2007年7月8日~2010年総会まで)
第77回日本獣医麻酔外科学会大会長
2009年1月10-11日(大阪)
日本獣医画像診断学会 理事(2003年7月~2009年6月)
日本獣医ガン研究会 元評議員
ヒトと動物の関係学会 元評議員
動物臨床医学会 評議員(~2009年11月)
奈良県自然環境保全審議会 審議会委員(2006~2009年)
中山獣医科病院のご案内
会長ごあいさつ
院長ごあいさつ
発明医療器具
受賞歴
学会・誌上発表
著書
学会発表・講演
毎日新聞連載の院長記事
中山獣医科病院 最新情報
(c)NAKAYAMA VETERINARY HOSPITAL ALL RIGHT RESERVED